JAMS.TV

オーストラリア生活情報ウェブサイト


大荒れの天気続き注意呼びかけ NSW 2017年03月16日



【シドニー15日AAP】  NSW州北部の9つの河川で、大雨の影響による洪水の可能性が出ていることが分かった。雨量が多い所では15日、3時間のうちに150ミリメートル以上に達しており、気象局(BoM)は警戒を呼び掛けている。

BoMはミッド・ノース・コースト、ノーザン・テーブルランズ、ノーザン・リバーズに悪天候警報を発令。小規模の洪水警報はコフス・クリーク、ブランズウィック・リバー・キャッチメントに発令され、農場が孤立した状況になる可能性があるとしている。

BoMの天気予報士は、気圧の谷が今後24~36時間ほど停滞すると予想しており、週末まで雨が続くとしている。シドニーでは14日、4人が洪水の被害で救助されるなどしたが、15日は一時晴れ間が見られた。16日にかけては、NSW州南部沿岸で強風が予想されている。

  • PAGE TOP